Journées de l’estampe contemporain 2021, 27 et 28 septembre, place saint sulpice

Je participe aux journées de l’estampe contemporain 2021 à la place saint sulpice.

Je partage le stand avec Anaïs CHARRAS (https://www.instagram.com/anais_charras_art) et

Ombline De Benque (https://www.embellie-musculaire.com/ombline.html)!

Place Saint-Sulpice Paris 6eme

Notre stand est 514 :)! C’est l’entrée libre / lundi 11h-22h, Mardi 11h-20h

Je serai présente pour tous les deux jours.

à très bientôt

love

ema

Art&Jewelly Festa 19/08-24/08

Art&Jewelly Festa , ART SECTIONというイベントにて、新作を含む全8作品を発表展示致しました。

立体作品の多い中で、私の版画作品も置いていただけ光栄です。

千葉県での初の展示となりました。

Fig.6 Résilience
銅版画(エッチング、アクアチント、ドライポイント)、純金金箔押し
  

Fig.6 Résilience
銅版画(エッチング、アクアチント、ドライポイント)、純金金箔押し

額装15x15cm
紙はフランス製のSalland紙300gsmを、インクはフランス・シャルボネル社製のエッチングインクを使用しています。切り出した銅板を用いて刷り、純金金箔(24k)を用いて箔押しを施しています。額装はオーク材のフランス製の額を使用し、マット付。

上記の作品は Study of Levitation stonesとカテゴライズした連作の一点となります。

壊れた個所をより華やかに美しく修復し生まれ変わる金継ぎの技術は、技巧としての美しさだけではなく、そのエスプリに、その美学にハッとします。

フランス語のタイトルでは、Résilienceと名付けました。この言葉は、何か不利な状況であったり、衝撃やショックにあったときに、そこに立ち向かい乗り越えていくその強さのことを指します。

この両方のイメージを含む力を表現したいと思い、この作品ではひび割れた鉱石はあふれ出す金で継がれ、そしてそこからは思想や精神力が立ち上げる様を描きました。

濃いめに刷り上げたエッチングインクと金の相性は、とても美しく、制作中は常に胸の高鳴りを与えてくれました。この組み合わせは、今後の作品づくりのヒントともなりそうです。

love

ema

At the event called Art & Jewelly Festa, ART SECTION, my 8 works including new works were presented.

Among the many three-dimensional works, I am honored to have my prints. This was the first exhibition in Chiba prefecture for me.

Fig.6 Résilience
Copper engraving (etching, aquatint, drypoint), pure gold foil stamping

Framed 15x15cm
Salland paper 300gsm made in France, and the ink is etching ink made by Charbonnel of France.

It is printed using a cut out copper plate and stamped with pure gold leaf (24k).

The above work is one of a series of works categorized as « Study of Levitation stones ».

The technique of « Kintsugi », which restores broken parts more gorgeously and beautifully and is reborn, is not only beautiful as a technique, but also its spirit and its aesthetics.

In the French title, I named it Résilience. The term refers to the strength to confront and overcome any disadvantages, shocks or shocks.

I wanted to express the power that includes both of these concepts, and in this work I drew the cracked ore being inherited by the overflowing gold, and from there the thought and spiritual power rise.

The compatibility between the darkly printed etching ink and gold gave me an new inspiring. This combination is likely to be a hint for future work creation.

« Lévitation » @ IDF Gallery

8月14日から29日までは名古屋のGalleryIDFにて、日本で初の個展となる『Lévitation』を行いました。

日本への帰国に際し、2週間の自主待機期間を行い、非常事態宣言、まん延防止等重点措置が全国でとられている中で、それでも無事に開場できたことを、大変嬉しく思います。。搬入設置を終えたときの『良かった。これで始まる』という思いは、中々染み入るものがありました。また、家族の助けなしには、ここまでスムーズに行かなかったと思います。

昨年2020年の秋に名古屋の松坂屋で開催された『いい芽ふくら芽ヤングアーティストコンペティション2020』にてIDF賞を頂いたご縁で、この度GalleryIDFにて個展を行う機会を得ることが出来ました。白い壁に鉄筋打ちっぱなしの天井のギャラリーは私の作品がちょうどいい温度感・距離感で展示することが出来て、lévitationの世界感を納得のいく形で伝えることができました。またギャラリストの竹松さんも、ギャラリーみたいに暖かく且つスマートで、必要な時にはすっと寄り添ってくださる素敵な方で、彼女のギャラリーで個展を行えたことを大変嬉しく思います。

今回の個展では、『Lévitation』シリーズのLévitationⅠからLévitationXLIXまで、また銅板を切り出して刷っているStudy of lévitationの連作から作品を選びました。銅版画作品およびビデオ作品の展示となりました。

最終日を含めた二日間は在廊することができたため、ご来場してくださった皆様とお会いし、色々なお話しを聞くことが出来、とても大切な時間となりました。バックグランウドの異なる皆それぞれが、それぞれの視線で作品を捉え、作品について話して頂けるのを聞く機会は、やはり展示会での醍醐味の一つではないかと思います。

またお会い出来たら嬉しいです。

Love

ema

上半期の展示会

上半期の展示会に来てくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

インスタグラムはタイムリーに行えてたものの、こちらでのブログでのアップデートが出来ていませんでした。遅くなりましたが、改めて以下の展示が無事に終えたことをご報告いたします。

また、私自身はこのタイミングで日本におらず在廊することが出来ませんでしたが、このように日々状況が変わっていく中で、作品たちが無事に展示することができ、尽力を注いでくださった現場のスタッフ皆さま、足を運んださい見に来てくださった皆様に、感謝しております。ありがとうございました。

グループ展 『シタマチ!アートパレード!』、東京上野

3月31日(水)から4月5日(月)まで、松坂屋上野店本館6階催事場にて『いい芽ふくら芽inTokyo2021』と同時開催となりました。

Exposition collectif « Shitamachi! Art parade!  » at Tokyo

Du 31 mars (mercredi) au 5 avril (lundi), il se tiendra en même temps que « Good Bud Calf in Tokyo2021 » dans le hall d’exposition du 6ème étage du bâtiment principal du magasin Matsuzakaya Ueno.

グループ展 『アートパレード!』、静岡葵

4月7日(水)から4月13日(火)まで、松坂屋静岡店本館6階美術サロンにて開催されました。

Exposition collectif « Art Parade! » at Shizuoka

Du 7 avril (mercredi) au 13 avril (mardi) au Salon d’art au 6ème étage du bâtiment principal Matsuzakaya Shizuoka .

グループ展 『アートアート大阪』、大阪梅田

4月20日(水)から4月25日(日)まで、梅田大丸15階大丸ミュージアム(イベントホール)で開催された展示会アートパレードに参加しました。緊急事態宣言への発令で、悔しくも最終日は閉場となってしまいましたが、沢山のア―ティストの方々と展示を行うことのできる貴重な機会となりました。

Exposition collectif « Art Art Osaka » at Osaka

Du 20 avril (mercredi) au 25 avril (dimanche), Daimaru Museum (Event Hall) au 15e étage d’Umeda Daimaru

Expositions à venir / 展示会のお知らせ

Bonjour. Comment allez vous?

Voici quelques dates des expositions à venir… Pour l’instant, j’ai prévue des exposition juste au Japon pour 2021. Si j’aurai les nouveau dates et des nouvelles, je vous tiens au courant!

Exposition collectif « Shitamachi! Art parade!  » at Tokyo

Du 31 mars (mercredi) au 5 avril (lundi), il se tiendra en même temps que « Good Bud Calf in Tokyo2021 » dans le hall d’exposition du 6ème étage du bâtiment principal du magasin Matsuzakaya Ueno.

Exposition collectif « Art Parade! » at Shizuoka

Du 7 avril (mercredi) au 13 avril (mardi) au Salon d’art au 6ème étage du bâtiment principal Matsuzakaya Shizuoka .

Exposition collectif « Art Art Osaka » at Osaka

Du 20 avril (mercredi) au 25 avril (dimanche), Daimaru Museum (Event Hall) au 15e étage d’Umeda Daimaru

Exposition « ema kawanago »

Du samedi 14 août au dimanche 29 août, à la galerie IDF de Nagoya

**************************************************************************

皆様、お元気ですか。

今日は少しぽかぽかした陽気で、随分と春らしくなってきました。

下記に、今年の展示会の日程をご案内します。新しい日程やお知らせがありましたら、また随時お知らせいたします。展示させて頂く機会があるのは何より嬉しい限りです☆彡もしお時間、ご都合ありましたらお気軽にお立ち寄りくださいませ。 

グループ展 『シタマチ!アートパレード!』、東京上野

3月31日(水)から4月5日(月)まで、松坂屋上野店本館6階催事場にて『いい芽ふくら芽inTokyo2021』と同時開催となります。

グループ展 『アートパレード!』、静岡葵

4月7日(水)から4月13日(火)まで、松坂屋静岡店本館6階美術サロンにて開催

グループ展 『アートアート大阪』、大阪梅田

4月20日(水)から4月25日(日)まで、梅田大丸15階大丸ミュージアム(イベントホール)

◎ 個展『ema kawanago』、名古屋名東

8月14日(土)から8月29日(日)まで、名古屋IDFギャラリーにて個展

Exposition « Iime Fukurame selected artist  » at Tokyo(Ueno), Japon

L’exposition « Iime Fukurame selected artist  » at Matsuzakaya Ueno(Tokyo) du 3 février au 9 février (vol.02) a êtes bien déroulé. Je ne pouvais pas me rendre sur place, mais j’ai pu suivre de prés grâce à mes amis et ma famille qui sont pu y visiter! Merci beaucoup d’être venus malgré la condition actuelle!

もう3月中旬ですね。2月に行われていた展示会『いい芽ふくら芽入選作家作品展』も無事に開催され、多くの方々にご来場頂きました。日本の友達や家族のおかげで、写真やビデオやメールと色々な媒体で展示会を追うことができました。2021年。21世紀になってから20年経ってますが、日に日に未来っぽい未来が現実になっているなあと思います。またこんな現状にもかかわらず足を運んで頂き本当にありがとうございました!

NAKA HIDEHITO CLARINET RECITAL 2021

Mon travail de « lévitation » en encre de chine a été utilisé pour l’affiche de NAKA HIDEHITO CLARINET RECITAL 2021, du 11 février 2021 à MUSICASA (Tokyo, Japon).

M. NAKA HIDEHITO est une clarinettiste et le compositeur. Il est membre de Saito Kinen Orchestre, dirigé par Seiji OZAWA depuis 2009. Il joue sur la scène national et international en tant que soliste et aussi en collaboration avec des artistes variés. Il participe à plus de 250 programmes par an, notamment des séries télévisées, des publicités, des films et des CD d’artistes. Participé à des performances en direct et à des enregistrements télévisés en tant que soutien d’un artiste.

« Lévitation », dont M. Naka a crée après d’être inspiré de mon série « Lévitation », a également été jouée pendant le récital. C’est telle honneur et le plaisir que mon travail peut inspirer aux gens et participer aux créer des arts, et continuer à exister en autre formes.

2021年2月11日、MUSICASA(東京・代々木上原)で開催されたNAKA HIDEHITO CLARINET RECITAL 2021のポスターには、私の「Lévitation」作品が使用されました。 中ヒデヒト氏はクラリネット奏者でありコンポジターです。 彼はソリストとして、そして様々なアーティストとのコラボレーションで国内外で演奏しています。

リサイタルでは、中氏が私のシリーズ「Lévitation」にインスピレーションを受けて制作されたという「Lévitation」という楽曲も上演されました。 私の作品がどなたかに刺激を与えることができ、芸術作品の創造に参加し、生まれ変わったように存在し続けることができるのは、とても光栄で本当に嬉しい限りです。ありがとうございます!

中ヒデヒト https://nakahidehito.com/

東京藝術大学卒業後、渡仏、パリ地方国立音楽院にて学ぶ。2009年よりサイトウキネンオーケストラ及び水戸室内管弦楽団に参加している。
作曲、編曲家として音楽制作に取り組み、近年ではクラシックバレエ、日本舞踊、パフォーマーと舞台を創作している。
2018年より都内のギャラリーにて自身のプロデュースによるコンセプチュアルなサロンコンサート「日曜日の音楽会」を開催中。毎回テーマやゲストを変えて「室内楽」に取り組んでいる。
またスタジオプレイヤーとしては日本を代表する作曲家達の指名を受けTVドラマ、CM、映画、アーティストのCD等年間250本を超えるプログラムに参加。クラシックに留まらずジャズ、ワールドミュージック、ポップスなど現在メディアから毎日自身の演奏が流れている。アーティストのサポートとしてライブやTV収録にも参加。ナカオンガク企画主催。

中ヒデヒト氏のCD「Comme on est bien」」(コモレビアン)が先日3月14日発売されました。おめでとうございます。ネット上で購入可能でしたので(https://nakahidehito.shop/)、私も購入させて頂きました。手元に届くのが楽しみです!

Le Grand prix et Le prix de Galerie IDF

J’ai eu l’honneur d’avoir été lauréate de deux prix lors de « Young artiste compétition IIME FUKURAME 2020 ». J’ai reçu le Grand prix et Le prix de Galerie IDF! J’aurai avoir deux occasions de réaliser deux expositions solo au Japon l’année prochaine. D’être choisi à ces titres me donne la confiance et le courage pour avancer plus loin plus profonde de mon création. Merci beaucoup.

I had the honor of being the winner of two awards of the young artist competition  » IIME FUKURAME 2020″ I received the Grand Prize and the Prix de Galerie IDF! I will have two opportunities to do two solo exhibitions in Japan next year, in 2021. To be chosen for these titles gives me the confidence and the courage to advance further and deeper in my creation. Thank you very much.

この度、松坂屋名古屋店にて開催された公募展『いい芽ふくら芽young artist competition 2020』にて大賞グランプリとギャラリーIDF賞を頂きました。大変嬉しく思います。この受賞により、来年2021年に日本で個展を行うことが決まりました。

公募展会場まで来場してくださった皆様、声をかけてくださった皆様、どうもありがとうございました。また在廊中は、日本で活躍する参加アーティストの皆さまともお話しをすることが出来、とても素敵な時間を過ごすことが出来ました。

日々之精進の気持ちで制作活動を行っておりますが、今回のような評価を頂けたことや皆さまの暖かい言葉は制作活動への励みとなり、より自分の表現力を磨き、思いを乗せられる作品を生み出したいという気持ちでいっぱいです。フランスは再びロックダウン下にあり、中々難しい状況が続いておりますが、想像とクリエーションはいつだって自由なもの、気持ち新たに制作活動に入ります。

Tout le monde lévitera à sa façon.

-Young Artist’s competition- IIME FUKURAME2020、いい芽、ふくら芽2020

★-ヤングアーティスト公募展- いい芽ふくら芽2020

いい芽、ふくら芽2020ヤングアーティスト公募展に参加します。是非お越しあれ。

11月10日[火]~11月16日[月] ※最終日は6時閉場
松坂屋名古屋店 南館1階オルガン広場

***********************************************

『2018年より可能性を秘めた若手作家を発掘し、その才能の開花を応援するために 「いい芽ふくら芽」公募展がスタートしました。今回は、40才未満の約400名の応募者から 選ばれた30名の作品を展示いたします。』

★-Young Artist’s competition- IIME FUKURAME2020
Nov 11th (tue.) – Nov 16th (mon.) * Last day (16th mon.) close at 18:00
MATSUZAKAYA in NAGOYA South Building, ground floor.
Since its first competiion began in 2018, we have been seeking so as to support young artists to be become a « professional artist ». 30 young artists who are under age of 40years old have been chosen from more than 400 applicants. Please take a good look and chose your one of a kind.